里海隊
ご当地グルメ

マハタラーメン (今治市)

幻の高級魚を使ったラーメン
マハタラーメン
マハタのアラと大三島産レモン白身といっしょに麺をいただく幻の高級魚・マハタ道の駅 多々羅しまなみ公園
マハタラーメン

身は柔らかく、スープはあっさり

宇和海で獲れた「幻の高級魚」がしまなみ海道で食べられる。そんな情報を聞きつけ、瀬戸内海に浮かぶ今治市・大三島の道の駅『多々羅しまなみ公園』にやってきた。レストランでは、愛媛県内で愛情を込めて生産している魚『愛育フィッシュ』のひとつ、マハタを使った料理を提供。どんぶりものや薄造りなど数あるメニューのなかから『マハタラーメン』を注文した。

ラーメンの上には、あぶったマハタの頭部のアラがのっている。スープもマハタのアラから取った出汁をベースにした塩味。大三島産のレモンをギュッと絞り、まずはマハタの身を麺と絡めていただく。肉質は柔らかく、ホクホクしている。美容効果があると言われるコラーゲンをたっぷりと含んだスープはあっさりしていて、レモンのさわやかな香りが口のなかに広がった。

コラーゲンたっぷりで女性にも人気

宇和島市周辺で養殖しているマハタは食通の間では有名な高級魚でありながら、漁獲量が少なく、市場にほとんど流通していないことから「幻の高級魚」と呼ばれている。3年前、愛育フィッシュPR事業の一環で、新たな食材を検討した際、年間を通して仕入れることが可能で、めったに食べられないマハタを使うことに決定。支配人の阿部さんは「瀬戸内で宇和海の魚をPRできることもできますから」と知名度アップにも効果ありと説明する。

一番苦労したのがスープづくり。魚独特のくさみをどのようにして取り除くかで悩み、何度もつくり直したという。レモン果汁と油で炒めたネギを加え、約2時間半煮込むことで、くさみを消すことができた。麺の上にのっているマハタのアラも、あぶることでくさみを取り除くと同時に香ばしさを出すことに成功した。

高級魚でありながら『マハタラーメン』は1030円とお手ごろな値段で食べられることも魅力。コラーゲンをたっぷりと含んでいることから、女性客にも人気で、阿部さんは「気に入られた方は何度も食べに来られています」という。多々羅大橋を眺めながら、宇和海の味を瀬戸内で味わうのもオツである。
ここに注目!
ラーメン以外にも、にぎり寿司がついた多々羅御膳(2580円)やマハタにぎり御膳(1850円)、マハタ兜煮(かぶとに)御膳(2060円、土日祝日限定)、マハタ薄造り御膳(1950円)などがある。
商品データ マハタ、麺、ワカメ、レモン、ネギ他
店舗名 道の駅「多々羅しまなみ公園」
住所 愛媛県今治市上浦町井口9180-2
営業時間 10:00~16:00(レストラン)
定休日 なし
TEL 0897-87-3866
FAX 0897-74-0663
URL http://www.imabari-shimanami.jp/tatara/
その他 しまなみ海道・大三島ICから車で2分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル