里海隊
食材

ワタリガニ (今治市)

瀬戸内の海を渡り歩いて育ったカニ
ワタリガニ
瀬戸内海で獲れたワタリガニ白身はホクホクしていておいしいメスのおなかには卵がいっぱい看板の前で笑顔の村越社長
ワタリガニ

本来の味を楽しむなら焼きがオススメ

全国の海にはあらゆる種類のカニがいるけれど、瀬戸内海で獲れるカニと聞いて、すぐに思い浮かぶのが『ワタリガニ』だ。後ろ脚の先がカヌーのオールのようなヒレ状の形をしていて、海を泳ぎ渡ることが名前の由来と言われる。瀬戸内海に面する今治市の東側に広がる燧灘(ひうちなだ)はワタリガニの一大生息地である。来島海峡大橋を望む料理旅館『大潮荘』を訪れた。どうせなら、1匹まるごと焼いたものを食べたい。卵がおなかにあるメスをリクエストした。

炭火の上で真っ赤な甲羅のワタリガニがお皿にのって運ばれてきた。まずは脚から食べてみた。ハサミで殻を切り、専用のスプーンを入れると、たくさん詰まった白身が出てきた。ほどよい焼き加減で調理されていることから、水分がちょうどよく残っており、身がホクホクしている。炭火の風味がして、塩味が効いているのもいい。お楽しみは卵。裏側からパカッと開けると、鮮やかな朱色の卵がギッシリ。口に含むと、トロッとした舌触り。かんでいくと、徐々に濃厚な甘みが口のなかに広がった。

卵を食べたいなら秋から冬、白身は初夏から夏

社長の村越さんは「ワタリガニは1年を通して食べられますが、卵を持っている時期に食べたいと思われるお客さんが多い。身が好きな方はオスを食べられますね」と教えてくれた。メスが卵を多く抱えているのは産卵を終え、内子(卵巣)を抱えている秋から冬が旬。一方で、オスは初夏から夏が一番おいしい時期だ。食べたいものによって、また季節によって、食べ分けられるのがうれしい。もちろん、焼き以外に蒸しても茹でてもおいしい。

カニといえば、北陸や山陰など日本海側で食べられる松葉ガニが有名だが、村越さんいわく「北陸のほうから来られたお客さんが、松葉ガニとは味がまったく違っておいしいと喜んでいました」という。鍋にしたり、味噌汁に入れたり、はたまた雑炊にしてみたり。いろんな料理に使えるが、やっぱり丸ごと食べるのがオススメ。しまなみ海道を渡って旅をした後『ワタリガニ』を食べれば、しまなみ海道のことをもっと深く知ることができるかもしれない。
ここに注目!
ワタリガニは学名では『ガザミ』といい、大きくなると甲羅の横幅が約25センチ、重さ1キロほどになる。愛媛の他、岡山、山口など瀬戸内海に面する地域でよく食べる習慣がある。山口県では「月待ちカニ」と呼ばれる
商品データ ワタリガニ
店舗名 大潮荘
住所 愛媛県今治市小浦町2丁目5-1
営業時間 11:00~15:00、17:00~21:00
定休日 なし
TEL 0898-41-9537
FAX
URL http://www.daichoso.com/
その他 JR波止浜駅から車で8分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル