里海隊
ご当地グルメ

愛南びやびやかつお丼 (愛南町)

鮮度抜群の愛南びやびやかつおを使用
愛南びやびやかつお丼
新鮮な生卵を溶かしていただく愛南びやびやかつおをさばく店主の宇佐さん広々とした黒潮海閤の店内黒潮海閤
愛南びやびやかつお丼

船上脱血した、きれいにピンク色がかった赤身

旅の楽しみのひとつに、その土地でしか食べられない料理にめぐり合うことがある。愛媛県最南端に位置する愛南町が現在、売り出し中の『愛南びやびやかつお』。早朝に出港したカツオ船が、その日のうちに水揚げした鮮度抜群の魚だ。昼下がり、南レク城辺公園から自転車で約5分の場所にある日本料理店『黒潮海閤(かいこう)』へと自転車を走らせた。

のれんをくぐって店内に入ると「いらっしゃーい!」と威勢のいい声。店長の宇佐さんがカウンターの目の前で愛南びやびやかつおをさばいていた。以前から食べてみたいと思っていた『愛南びやびやかつお丼』を注文。なるほど、船上脱血されているから変色しにくく、赤身はきれいなピンク色をしている。自家製の甘いしょうゆだれに切り身を5分間漬けた後、どんぶりのごはんが見えなくなるくらいにのせる。

愛南町の特産「愛南ゴールド」を使った自家製の甘いタレを使用

さっそく、カツオをいただいく。牛肉と勘違いするぐらいの歯ごたえ。もちっとしていて、脂もしっかりとのっている。新鮮な魚であることは舌で感じることができた。たれは愛南町特産の柑橘『愛南ゴールド』を使った自家製のものを使用。甘めの味で、新鮮な卵をからめれば、味は一層まろやかになる。大葉ときゅうりもシャキシャキとしている。食は進み、あっという間に平らげてしまった。

同店では『愛南びやびやかつお丼』を約5年前から販売。カツオと言えば、高知県が全国的に有名だが、愛南びやびやかつおを実際に食べて、その新鮮さに驚く観光客が少なくないという。宇佐さんは「高知から旅の途中で食べに来られた方でも“愛南のカツオはひと味違うね”とか“カツオに対する考え方が変わった”と言っていただける。うれしいですよ」と笑った。水揚げされたばかりのカツオをその日のうちに食べられるのは愛南町でも数店舗だけ。文字通り、愛南町に来なければ食べられない一品だ。
ここに注目!
愛南びやびやかつお丼のタレは南予独特の甘さがある。宇佐店長いわく「漁師さんが船上で食事をする際、潮風が強いから、どうしても甘いものがほしくなる」とか。今も昔からの習慣が残っている。
商品データ 愛南びやびやかつお、きゅうり、大葉、卵他
黒潮海閤(かいこう) 宇佐譲二さん
鮮度が命の愛南びやびやかつおをさばき続ける職人
店舗名 黒潮海閤(かいこう)
住所 愛媛県南宇和郡愛南町蓮乗寺57-2
営業時間 11:00~14:00、16:00~22:00
定休日 月曜日
TEL 0895-72-6091
FAX 0895-72-6055
URL
その他 駐車場あり

関連リンク
関連ファイル