里海隊
加工食品

菊間瓦じゃこ天 (今治市)

菊間瓦をイメージした黒いじゃこ天
菊間瓦じゃこ天
表面もいぶし瓦の黒銀色を表現町内には菊間瓦のモニュメントが多数ゴボウやエビの入ったじゃこ天もある店長の啓信さんと姉・仁美さん
菊間瓦じゃこ天

石鎚黒茶や食用備長炭で色づけ

インパクトの大きさは十分だ。松山市方面から走る国道196号。瀬戸内海の反対側に目を向けると、いたるところに鬼瓦のモニュメントが飾られている。今治市菊間町は約750年の歴史を誇る『菊間瓦』の町として知られ「いぶし瓦」は高級瓦として有名。同町のシンボル的存在をイメージしてつくられた「黒いじゃこ天」があると聞き、1946年創業の老舗『大岡蒲鉾店』に立ち寄った。『菊間瓦じゃこ天』はオリジナル商品でもある。

店長の大岡さんは「菊間のいぶし瓦をイメージして、地元で獲れた魚を使って、何か商品をつくれないかということになりました」と教えてくれた。約8年前に研究機関の関係者に依頼され、創業時から販売しているじゃこ天の新バージョンづくりを始めた。菊間瓦のいぶし銀を出すために、さまざまな材料で試した。約1年間の試行錯誤の末、愛媛県産の『石鎚黒茶』という食べられる備長炭をすり身のなかに混ぜ込むことで、理想に近い色を出すことに成功した。

地元イベントのみでの限定販売

できあがったばかりのものをいただいた。半分に切ると、たくさんのヒジキが詰まっているのが分かる。身はプリプリしていて、かんでみると、タチウオのすり身のモチッとした独特の弾力がある。かめばかむほど、お茶と炭のほんのりとした香りが口のなかに広がっていく。魚、お茶、炭、ヒジキ。それぞれの味は互いのじゃまをせず、個々の風味を醸し出していた。

『菊間瓦じゃこ天』は店頭では通常販売されておらず、厄除け大師で知られる『遍照院(へんじょういん)』で開催される節分大祭など地元のイベントのみの限定販売。店頭で販売してほしいというお客さんの要望もあるようだが、大岡さんは「実演販売でできたてを食べていただきたいので」と説明。いつも食べられないからこそ、プレミア感はある。菊間町ならではのじゃこ天。地元の特色をギュッと詰め込んだ味を堪能して、また菊間町を訪れようと思った。
ここに注目!
菊間町は鎌倉時代から窯業(ようぎょう)が盛んで、高級瓦として知られる「いぶし瓦」の製造を開始。江戸時代には瀬戸内や江戸だけでなく、台湾や中国まで販売された。1884年には皇居に御用瓦を納めた。
商品データ タチウオ、石鎚黒茶、食用備長炭、ヒジキ他
店舗名 大岡蒲鉾店
住所 愛媛県今治市菊間町浜574
営業時間 7:00~18:00
定休日 なし
TEL 0898-54-2004
FAX 0898-54-2008
URL
その他 JR菊間駅から徒歩4分

関連リンク
関連ファイル