里山隊
ドリンク

松山ライムサイダーPlime (松山市)

爽やかな愛媛県産天然果汁の炭酸飲料
松山ライムサイダーPlime
ライムライムライム畑から海を臨んで原田博士さん(左)と農家の森さん
松山ライムサイダーPlime

手絞りライム果汁で作った新しい特産品

ライムはレモンに似た形をしているが、レモンとは別の柑橘。ライムの木は寒さに弱く、国内では栽培数が少ないため、市販されているライムは、ほとんど輸入品だ。現在、国内生産量は約10トン、松山市が生産量1位を誇る。松山市では収益性が高く柑橘農家が取り組みやすいライムの生産量を増やそうと、市を上げて取り組みを始め、将来的には輸入量の約10%、200トンの生産を目指している。

「ライムを産地化しようとしてから、まだ5年しかたっていなんですよ」と、『のうみん株式会社』営業部長の原田博士さん。愛媛県の農家が結成した同社では、低農薬や減化学肥料などにこだわり、安心安全な農作物を生産。自分たちで力を合わせて、愛媛ならではの柑橘や加工品を全国に届けている。

大人の味のジュースはお酒で割っても

ライムの消費拡大を狙って、同社と松山大学の学生が、社会人基礎力育成授業の一貫として共同開発したものが『松山ライムサイダー・Plime(プライム)』。
石鹸や香水を作ったらどうかというアイデアもあったが、まずはスタンダードな形で提供しようと炭酸飲料に加工。突き抜けるような爽やかさが印象的な美味しい飲み物が完成した。

『松山ライムサイダーPlime』の1本中には、ライム約1個分の天然果汁が入っている。白濁しているのは、ライムの繊維が入っているから。甘さが口に残らないのであと口がよく、レモンソーダよりも大人の味に仕上がっている。

「柑橘全般の香りは皮にあるんですよ。真っ二つに切ったものを軽めに手でしぼると、皮の香りや皮の脂分が入って、香り高く仕上がります。ただ、あまり入れ過ぎるとえぐみとか苦みが出るので、それを抑えるために、手搾りにしています」と原田さん。ライム果汁の配合が高すぎると酸味が強すぎ、反対に低すぎると爽やかな風味が失わなわれてしまうため、ライム果汁と炭酸、シロップの配合には苦労したそうだ。

「ストレートで飲むだけではなく、アルコール類で割っても、きりっとした飲み口になっておいしいですよ」
松山市の新しい特産物を創り出すためのとりくみは、年と共に大きく実り始めている。

ここに注目!
16~17世紀の大航海時代には、ビタミンC欠乏症の壊血病対策として用いられたほど、ライムは豊富にビタミンCを含有している。疲労回復に効果があるとされるクエン酸も豊富。
商品データ 糖類(果糖、ぶどう糖、液糖、砂糖)、国産ライム果汁
のうみん
農家による農家のための会社
店舗名 株式会社のうみん
住所 愛媛県松山市勝岡町154-2
営業時間 10:00~18:00
定休日 土日祝日
TEL 089-908-4130
FAX 089-908-4131
URL http://noumin.jp/
その他 駐車場あり

関連リンク
関連ファイル