里山隊
スイーツ

ジェラート風牛乳アイス (西予市)

牧場の搾りたて牛乳を使った手作りアイス
ジェラート風牛乳アイス
自家牧場の搾りたて牛乳ミルク園近隣の牛舎(伝染病予防のため入場不可)山本さん一家
ジェラート風牛乳アイス

その日の朝に搾った牛乳で作るスイーツ

西予市野村町の大野ケ原は、愛媛県と高知県の県境に位置する高原地帯である。標高は1000〜1400メートル。牛の放牧が盛んで、野村町のキャッチフレーズ「シルクとミルクの町」のミルクの部分を支える地域だ。夏場は見渡すばかりに草原が広がり、美しい自然を楽しめる。

「うちは標高1200メートルくらいですね」と、喫茶店『ミルク園』を経営する山本さん。牛グッズが並ぶかわいらしい店内と、新鮮な牛乳を使ったプリンやソフトクリーム、チーズケーキ、ロールケーキなど手作りのスイーツが自慢。スイーツの種類は日ごとに違うが、どれも新鮮な牛乳をたっぷり入れた、やさしい味だ。

山本さん一家は地元の酪農家。牛の管理には万全を尽くし、子どもの顔を見るように育てているため、牛の顔を見るだけで、体調や機嫌がわかるそうだ。一家の牧場では、1日に約700キロの牛乳を搾乳し、県内の大手乳業会社に卸している。ミルク園では自家牧場でその日の朝に搾ったばかりの、文字通りの搾りたて牛乳を飲むことができる。毎日、牛乳内の脂肪率や細菌数等の検査を行っているので安心だ。

牛乳のおいしさをダイレクトに味わえる

手づくりの『ジェラート風牛乳アイス』をいただいた。シャリシャリとした食感で、あっさりしたクセのない味。これは、ホルスタイン種の牛乳だから。

「手作りのアイスは本当に手がかかるんですよ。全部ハンドミキサーで作りますから」と山本さん。手間のかかったアイスクリームは、保存料などの混ぜ物が一切ないので、牛乳の味がダイレクトに伝わってくる。

生きものを扱っているため、山本さん一家には正月にも休みはないが「アイスクリームを食べるために、わざわざ2時間もかけてきてくださる方もいるんですよ」と、明るい笑顔を見せる。「おいしい」という言葉と「また食べに来たい」と喜ぶお客さんの顔を見ることが、山本さんのストレス解消の秘けつだそうだ。
ここに注目!
キャラメルから手作りの「ミルクプリン」は、本場・北海道からお取り寄せリクエストがあるほど。天気や牛のお産などにより開店時間・閉店時間が異なることもあるので、事前に要確認。
商品データ 牛乳、砂糖
ミルク園 山本真弓さん
標高1200メートルで味わえる幸せ
店舗名 ミルク園
住所 愛媛県西予市野村町大野ケ原280-1
営業時間 10:30~16:30
定休日 不定休/冬期(11月半ば~3月)
TEL 0894-76-0739
FAX 0894-76-0739
URL http://welcomeoonogahara.jimdo.com/
その他 天気・急用などにより開店時間・閉店時間が異なることもあり

関連リンク
関連ファイル