里海隊
ご当地グルメ

アナゴの天丼 (松山市)

瀬戸内の豊かな海で育ったアナゴを天ぷらに
アナゴの天丼
薄口の出汁を天ぷらにかけていただくホクホクの身をごはんといっしょにゆったりとしたスペースで食べられる和風レストラン かぢ屋
アナゴの天丼

その日水揚げされたものを調理

瀬戸内の豊かな海で獲れる魚のひとつに、アナゴがある。安芸の宮島など広島県でよく食べられているが、同じ瀬戸内海に面した愛媛県の松山市にも食文化はある。野生のシカが住んでいることでも知られる鹿島を望む今治街道を今治市方面へと向かうと『和風れすとらん かぢ屋』が見えてくる。看板料理のひとつである『アナゴの天丼』を注文。その日に獲れたばかりの新鮮なアナゴをさばいて提供しているという。

瀬戸内海には多くの島々が点在しており、潮の流れが島によって止められることで潮の通り道が狭くなる。そのため、来島海峡のように急流となる場所が多くある。そんな厳しい環境のなかで育った魚介類は必然的に体の引き締まった身質のものが多くなる。もちろん、アナゴもそのなかのひとつ。店主の鍛治さんは「旬は夏だけど、冬のは脂がのっておいしいですよ」と教えてくれた。

サクサクとした衣のなかからホクホクの身

運ばれてきたどんぶりには、同じく地元で採れたカボチャやシソの天ぷらとともに、アナゴの天ぷらがボリューム感たっぷりに盛られている。昆布とカツオでつくられた薄味の出汁をかける。ひと口かむと、サクサクとした衣のなかから、ホクホクとしたアナゴの身が出てくる。出汁がアナゴのじゃまをせず、素材のうま味をそのまま感じることができる。鍛冶さんは「鮮度がいいから、余計な手を加えなくていい。よさを引き出すことだけを考えている」と説明した。

アナゴは天ぷらの他、焼いたり蒸してもおいしい。鍛冶さんは現在、一度焼いて蒸したものを天ぷらにする調理法を開発中。「ちょっぴり湿気があるけど、意外とふっくらとしていて、香ばしさが焼きに出る」と明かしてくれた。近年、ウナギの漁獲量が減っていることから、安定した漁獲量があり、同じウナギ目の仲間であるアナゴへの注目度は高まってきている。瀬戸内の海が育んだ『アナゴの天丼』。なんだかやみつきになりそうだ。
ここに注目!
「アナゴの天丼」をはじめとする「あなごめし」は、松山観光コンベンション協会がPRする「瀬戸のまつやま・海ごはん」のひとつ。他に「鯛めし」や「たこめし」がある。
商品データ アナゴ、カボチャ、シソ他
店舗名 和風れすとらん かぢ屋
住所 愛媛県松山市北条辻1320-3
営業時間 11:30~14:30、16:30~21:00
定休日 木曜日
TEL 089-993-3800
FAX 089-993-3800
URL http://www7b.biglobe.ne.jp/~kadiya/
その他 JR伊予北条駅から徒歩10分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル