里海隊
ご当地グルメ

ほうたれ丼 (松山市)

新鮮で希少価値のあるホウタレイワシを使ったどんぶり
ほうたれ丼
漬物などもついてくる半分は出汁をかけてお茶漬け風に掛け軸などが飾られた店内桃李花
ほうたれ丼

半分は特製だれで、もう半分はお茶漬け風に

現地で食べてこそ、価値がある。そう言われる海の幸が『ホウタレイワシ』だ。「ほおが垂れるほどうまい」というところから名前がついており、愛媛では『カタクチイワシ』のことをそう呼んでいる。瀬戸内海で獲れるが、ここ数年、漁獲量が少ないうえに、傷むのが早いことでも知られる。この貴重な魚を使ったどんぶりが食べられると聞き、松山市内の中心地にある『桃李花(とうりか)』を訪れた。ランチで食べられる『ほうたれ丼』が、お目当てのメニューだ。

特製の甘辛たれに漬けたホウタレイワシが、ごはんがまったく見えないほどにのせられている。トッピングされたゴマや海苔、シソとからめて口のなかに頬張ると、ピリッとした辛味を感じるが、イワシ独特のくさみはない。半分を食べ終えたところで、桃李花の村山さんから「もう半分は出汁をかけて食べてください」とアドバイスを受けた。ネギ、ショウガなどの薬味をトッピングし、出汁を注いでお茶漬け風にする。名古屋名物の『ひつまぶし』と同じ食べ方。なるほど、1度で2度おいしい、というわけだ。

漁協と契約を結び、一定量を仕入れできるように

村山さんは「生で食べられるホウタレイワシは他にはないですから。現地じゃないと食べられない。そういうおいしいものをお客様に勧めていこうと思った」と説明した。温暖化にともなう海流の変化もあり、瀬戸内海での『ホウタレイワシ』の漁獲量が激減。そのため、約8年前から『ほうたれ丼』を提供している『桃李花』では現在、三津浜漁協と契約を結んで一定量を仕入れできるようにしている。水揚げがない場合は商品を提供できない日もあるが、待ち望んでいる常連客の思いに応えようとしている。

単品ではランチのみだが、夜はコース料理のひとつとして食べることができる。ホウタレイワシを使った料理には、他にも刺身や天ぷらなどがあるが、村山さんの一押しはやはり、ほうたれ丼。「本当にリピーターが多いです。ぜひ食べていただきたい」と自信を持って勧める。食べたばかりなのに、また食べたい。そう思わせてくれる一品だった。
ここに注目!
桃李花では、ほうたれ丼以外にもホウタレイワシを使った料理を提供。刺身はもちろん、生姜煮や天ぷらがある。天ぷらは通常のものの他にゴマ、青海苔をつけて揚げた「3食揚げ」が人気商品。
商品データ ホウタレイワシ、刻み海苔、シソ、特製だれ他
店舗名 桃李花(とうりか)
住所 愛媛県松山市一番町2丁目7-3吉久ビル1階
営業時間 11:30~14:30、17:30~21:30
定休日 不定休
TEL 089-932-3213
FAX 089-932-3213
URL http://www1.ocn.ne.jp/~tourika/
その他 伊予鉄道大街道駅から徒歩1分、近隣の駐車場で1時間無料

関連リンク
関連ファイル