里海隊
ご当地グルメ

真鯛のフィッシュアンドチップス (松山市)

こだわりの愛媛県産真鯛をフィッシュアンドチップスに
真鯛のフィッシュアンドチップス
衣には愛媛県産裸麦も使うランチタイム限定のバーガー齋藤さんのトークも冴える店舗外観
真鯛のフィッシュアンドチップス

刺身で食べてもおいしい活絞めフィレを使用

「フィッシュアンドチップス」は、イギリスの伝統料理のひとつだ。タラ等の白身魚をフライにしたものとフライドポテト。安価な庶民の食べ物だが、これに高級魚である愛媛の真鯛を使ったぜいたくな逸品が登場した。松山市内の飲食店において、『揚げ鯛』の名で提供している『真鯛のフィッシュアンドチップス』がそれだ。

松山ロープウェイ街に2013年にオープンした『揚げ鯛』。直球のネーミングだが、語呂も良く、縁起の良いイメージもある。店長の齋藤友茂さんの人柄も手伝って、オープン以来多くのお客さんで賑わっている。飲食業界でキャリアを積んできた齋藤さんが、全国に愛媛をアピールしたいと考えた時に浮かんだのが鯛だった。

「愛媛といえばみかんだけど、鯛も生産量で言えば日本一。でも食べ方がありふれているから、何かないかなぁ」と思いついたのが、齋藤さん自身の好物である「フィッシュアンドチップス」で、「あ、これだって思った」。

鯛は愛南町の『愛育フィッシュ』。魚の飼育にベストな環境である宇和海で、愛情込めて育てられた鯛だ。現地へ赴き、仕入れ先を見極めたという。刺身で食べてもおいしい活絞めフィレをあえて使っている。

縁起物と地物を食べてもらう

商品開発にあたっては、愛媛ならではの味を加えることも忘れない。衣は小麦粉を溶いたものだが、そこに裸麦を加えた。愛媛の裸麦生産量は全国一。高い栄養価と独特の食感で、ヘルシー志向の雑穀好きの間では高い人気を誇る。齋藤さんは「入れ過ぎると合わなくなっちゃうから、少量だけどね。イギリス風に黒ビールも入れてるよ」と言う。アルコール分は調理中に飛んでしまうので、お酒が苦手な人でも大丈夫。タルタルやチリサルサなど数種類用意されたソースのなかから、人気ナンバーワンという「バジル入りタルタル」をいただいてみた。

揚げたてアツアツのところにかぶりつくと、サックリとした衣の下から肉厚の鯛。中からジュワッと旨みがあふれ出す。バジルが爽やかな風味を加えるタルタルソースとの相性も抜群だ。ビール、これはビールに合う。

「ソースもいろいろ試してるんだけどね。定番のものは残しつつ、また変えていくと思う」と言い、「ゆくゆくはベスト3くらいに絞りたい」とも。ワインビネガーでさっぱりいただくのも齋藤さんのおすすめだ。

「縁起物と地物を食べてもらう」をコンセプトにスタートした『真鯛のフィッシュアンドチップス』。ロープウェイ街というお店の場所柄、観光客など県外のお客さんも多い。愛媛の鯛のおいしさが全国に知られていくきっかけになってくれるだろう。
ここに注目!
ランチタイムには「揚げ鯛」をはさんだバーガーも提供。お客さんと話すことがとても楽しいという齋藤さんのトークもお店を訪れる楽しみのひとつだ。英語メニューもあり、外国人観光客も安心して案内できる。
商品データ 真鯛、じゃがいも、小麦粉、裸麦、黒ビール他
店舗名 揚げ鯛
住所 愛媛県松山市大街道3丁目4-1
営業時間 11:00~20:00
定休日 水曜日
TEL 089-904-4515
FAX
URL http://www.agetai.net/
その他 フィッシュアンドチップス以外にも、せんざんきや鯛めしおにぎり、ジェラート、アルコールも販売している。お店のフェイスブックもやっており、お客さんの楽しそうな笑顔の写真が多数アップされている。ホームページからも見ることができるので、ぜひ一見を

関連リンク
関連ファイル