里山隊
ご当地グルメ

焼き豚ちまきバーガー (西予市)

特製焼き豚をたっぷり挟んだライスバーガー
焼き豚ちまきバーガー
焼き豚ちまきバーガーきなはい屋きなはい屋戸田香織店長(左)と調理の河原さん
焼き豚ちまきバーガー

手を汚さず食べられるオリジナル商品

「城川には魅力的な食材がたくさんあります。どこにでもあるっていうものではなくて、ここに来ないと食べられないものをメニューに取り入れるようにしています」そう話すのは、西予市城川町にある道の駅『きなはい屋』の店長の戸田さんだ。

きなはい屋は地元・城川町の農産物・特産物を加工して、オリジナル商品を開発することに長けている。どれもこれも、食べてみたい、試してみたいと思わせる、そんな魅力のある商品が次々に店頭に並ぶ。売れ行きが良いからと同じ商品だけを並べておくだけではリピーターに楽しんでもらえないからと、常に新しい魅力を提供し続けている。

『焼き豚ちまきバーガー』も、オリジナル開発商品のひとつ。学生が部活帰りに買ったり、主婦が子どものおやつに買ったりと、地元の周知度は高い。受験生と思われる人が、何個もまとめて買いこんでいくこともあるそうだ。地元発信のファストフードとして広まってきた。

こってりした甘辛味が絶品

『焼き豚ちまきバーガー』は、表面をあぶったシンプルなおにぎりに見える。ちまきと銘打っているのは、もち米を使用しているためだ。

熱々のライスパテの中身は角切りの焼豚を中心に、炒めたキャベツ、ニンジン、玉ねぎ。うま味あふれるジューシーな豚肉と玉ねぎの甘みが口いっぱいに広がり、食べごたえも十分。大葉が味のアクセントになっている。

絶品の焼豚は、自社経営の城川自然牧場で作ったもの。伝承の秘伝のたれに漬けこみ、じっくりと熟成した豚肉を使用。かみしめるほどに甘辛い焼豚の味が口のなかに広がる。こってりしたたれが染み込んだライスパテは、空腹を即座に満たしてくれる。老若男女、誰が食べてもおいしいと感じる味に仕上がっている。

もち米を水につけて、整形するところまで、すべてスタッフの手作業。肉、野菜ともに地元産で、素材の良さはお墨付きだ。城川の手間暇とおいしさをギュッと固めた一品だ。
ここに注目!
焼き豚を作っている城川自然牧場には、きなはい屋のグループ加工場がある。ドイツ人マイスターの技が光るハムソーセージも人気。
商品データ 豚肉、砂糖、しょうゆ、みりん、酒、もち米、うるち米、玉ねぎ、キャベツ、ニンジン他
店舗名 道の駅「きなはい屋」 お食事処 停満里(とまり)
住所 愛媛県西予市城川町下相1008-1
営業時間 10:30~15:00(食事処)
定休日 火曜日
TEL 0894-82-1100
FAX 0894-82-0888
URL http://www.shirokawa.jp/kinahaiya/
その他 駐車場あり

関連リンク
関連ファイル