里山隊
ご当地グルメ

豚ベーコン丼 (西予市)

豚のおいしさを堪能するボリューム丼
豚ベーコン丼
豚ベーコン丼の材料きなはい屋きなはい屋戸田店長(左)と調理の河原さん
豚ベーコン丼

角切りベーコンと特製のたれで炒めた豚ロース

南予の方言で「きなはいや」は、「いらっしゃいな」という意味。旅人を迎える温かな言葉が、西予市城川町の道の駅の名前となった。

『きなはい屋』は、1994年創業の奥伊予の道の駅。店内には城川町の特産品、名産品が豊富に並び、魅力的なオリジナル商品も数多い。飽きないラインナップで旅人を楽しませてくれる。

店内の『お食事処 停満里(とまり)』の『豚ベーコン丼』が人気だと聞いて、足を運んだ。大きめの角切りベーコンと特製のたれで炒めた豚ロースがご飯の上にたっぷりとのり、その上に天盛りのカイワレと刻みのりが彩りを添える、ボリューム満点の一品だ。

「自社の人気商品である城川ベーコンを広く知ってもらうために開発しました。豚肉には自信があります。豚を存分に味わってほしいんです」と、戸田店長。

厨房からベーコンを炒める香ばしい匂い、しょうゆベースのたれが焦げる香りが漂ってくる。染み出す脂でカリカリに炒めたベーコンと照り焼きにした厚切りの豚ロース肉がひとつの丼のなかで重なる。ベーコンのうま味が柔らかい豚肉に絡まり、特製甘辛たれの染み込んだご飯がすすむ。

ドイツ人マイスター直伝、虜になる本格派ベーコン

丼に使われている『城川ベーコン』は、加工場『城川自然牧場』で、生のバラ肉をじっくり燻製にしたもの。きなはい屋の直売場の看板商品だ。

県内産の最高級豚肉を使い、ドイツ人マイスターの直伝の技で加工、しかも冷凍肉は一切使わないというこだわりが、市販のものとは一線を画している理由だろう。そして、おいしさの秘密は飾らないこと。シンプルレシピで素材の良さを最高に引き出すというコンセプトは、開業当時から貫かれている。

きなはい屋イコール『豚ベーコン丼』、城川イコール『城川ベーコン』というブランド力もついてきた。戸田店長は「城川に足を運んでいただくことで、他の魅力的な特産物も知ってほしい」と言う。城川ベーコンと豚ベーコン丼には、それだけの実力があるという確信に満ちている。

豚のおいしさを存分に味わいたいなら、この丼を食べてみるべきだ。
ここに注目!
温泉卵つき740円や、ミニサイズ380円など、おなかのすき具合に合わせてバリエーションあり。持ち帰りも可能だが、店内で食べた場合には味噌汁がサービスでつく(ミニサイズはなし)。
商品データ 白米、豚肉(ロース)、ベーコン、カイワレ、切り海苔、たれ(しょうゆ、砂糖、調味料)他
店舗名 道の駅きなはい屋 お食事処停満里(とまり)
住所 愛媛県西予市城川町下相1008-1
営業時間 10:30~15:00(食事処)
定休日 火曜日
TEL 0894-82-1100
FAX 0894-82-0888
URL http://www.shirokawa.jp/kinahaiya/
その他 駐車場あり

関連リンク
関連ファイル