里海隊
ご当地グルメ

鯛ピザロール (愛南町)

特産の真鯛を使った新感覚スナック
鯛ピザロール
真鯛の入った春巻きを網で焼いて調理ゆらり内海のレストランヒオウギ貝を使ったシーボーンアートゆらり内海
鯛ピザロール

香ばしく焼いた春巻きとホクホクの鯛の切り身がマッチ

真鯛が「イタリア風料理」になった。そんな新感覚料理が愛南町にある。須ノ川公園の目の前にある温泉&レストラン『ゆらり内海』で食べられる『鯛ピザロール』だ。ファストフード風の料理で、鯛カツ丼『タイレッ丼』とともに、同店の人気メニューのひとつ。味わったことのない食感を楽しめると聞いて、ワクワクしながら注文した。

さっそく、半分に割ってみる。香ばしく焼けた春巻きが食欲をそそる。皮の中には鯛の切り身とトマト、ピーマン、チーズ、ピザソースが入っており、ピザを食べているよう。パリパリとした食感。とろけるチーズとソースがうまくからみ合う。しばらくすると、ホクホクとした肉厚の鯛の切り身が口の中に残り、満腹中枢を刺激する。いままで味わったことのない食感だ。

愛南漁協女性部と野菜ソムリエの共同開発

女性らしい感覚が新商品を生み出した。愛南漁協女性部のメンバーが野菜ソムリエとコラボして共同開発。2012年9月、宇和島市で開催された『舌品(ぜっぴん)グルメチャンピオン』の『あなたが選ぶ舌品グルメ屋台』で他を圧倒する票を獲得し、1位に輝いた。来場した愛媛県・中村知事も試食し「ぜひ商品化してほしい」と絶賛。愛南町の養殖魚でもある真鯛をPRしようと『ゆらり内海』が商品化に名乗り出た。

『鯛ピザロール』はピザ風に仕上げられているので、魚嫌いの子どもでも食べられそう。実は、愛南町で進める魚や水産業についての教育プログラムであるぎょしょく教育が浸透。子どもにも人気の鯛ピザロールは小学校の給食や中学校の調理講習でもつくられている。

特産の真鯛を使用した鯛ビザロール。ファストフード感覚で食べるのもよし、ディナー感覚で楽しむのもよし。鯛のうま味がギュッとつまった料理を食べて、なんだか病みつきになりそうだ。
ここに注目!
「鯛ピザロール」を試食し、絶賛した愛媛県の中村知事は県議会で「ぜひ、商品化してほしい」と発言した。答弁中に、わざわざ一料理について発言するほど、知事のお気に入りメニューのようだ。
商品データ 真鯛、トマト、ピーマン、チーズ、ピザソース、春巻きの皮
店舗名 ゆらり内海
住所 愛媛県南宇和郡愛南町須ノ川286
営業時間 11:00~14:00、17:00~22:00
定休日 なし
TEL 0895-85-1155
FAX 0895-85-1166
URL http://yurariuchiumi.com/
その他 館内は全館バリアフリー。お風呂は大人500円 、65才以上 400円、小中学生 300円

関連リンク
関連ファイル