里海隊
郷土料理

鱧御膳 (伊予市)

手間暇かけた心づくしのハモ料理の数々
鱧御膳
ハモの湯引きと焼物天ぷら三種盛ハモのお吸い物しもなだ運動公園敷地内、青い屋根が目印
鱧御膳

ハモ料理が一度に全部味わえるように

ハモと言えば、京料理を連想する方は多いだろう。昔、流通が発展していなかった時代でも、生命力の強いハモは京都まで生きて運ぶことができた。そのため現地では調理法が発達し、名物となった。

伊予灘に面した双海町の豊田漁港は、京阪神方面にハモを供給している漁港のひとつ。愛媛県下有数の水揚げ量を誇るが、ハモは調理法が難しく、地元ではあまり食べられていなかった。そこで、双海町のハモを広くアピールすべく企画されたのが年に1回開催され人気を博している『下灘ぴちぴち鱧まつり』だ。まさにハモづくしと言えるメニューが揃うなかでも、特に人気を集めているのが、数量限定の『鱧(ハモ)御膳』だ。まつりでは早々に売り切れてしまうが、「しもなだ運動公園」敷地内にある『夕焼けぴちぴち市』では、事前予約さえしておけば間違いなく食べることができる。

手間ひまかけた、心づくしの鱧御膳。スタッフの豊川さんが「最初にみんなで考えて、いろんなもん入れたんですよ。でも結局、ハモだけにしようって。ハモ料理が一度に全部味わえるように、思いつく限りの料理を考えたんよ」と言うように、中身についてはずいぶんと思案を重ねたそうだ。内訳は、ハモの湯引き、焼物、南蛮漬、酢物、天ぷら三種盛、日替わりのごはん(当日は鱧飯)。それと季節の果物とお吸い物。

心づくしハモづくし

『鱧(ハモ)御膳』をいただくことにする。まずは天ぷら三種盛に箸をつけた。天ぷら、からあげ、フライの三種類。天ぷらは、ふんわり。からあげは、カシュッ。フライは、サックリ。天ぷらとフライは塩コショウ、からあげはしょうゆで下味がつけてあり、いずれもハモの淡泊な味とうまく調和している。次はあっさりと、酢の物。野菜と一緒に、三杯酢で和えてある。ハモ皮のまとわりつくような食感が面白い。

鱧飯はハモを炊き込んだものではなく、鯛飯の上にハモをのせたものだが、これはこれでもちろんおいしい。『ハモじゃこ天』に次ぐ売れ行きだと聞いて納得。焼物、南蛮漬と続いて、お吸い物で一休み。ハモの出汁が効いている。そしていよいよ、ハモの湯引き。ていねいに骨切りされた純白の身は、花が咲いたように美しく開いている。添えられた酢味噌をつけていただく。柔らかく、淡泊で上品。小骨の存在をまったく感じない、繊細な仕事振りにも感心した。この鱧御膳がいかに手の込んだものかは、豊川さんの「いろいろ準備せんといかんので、一週間前くらいに予約入れてもらうんよ。何もかも揃えんといかんしねぇ」という言葉からもうかがえる。

心づくし、ハモづくしの鱧御膳。伊予灘の海の幸を、その海を眺めながらいただく。地産地消のぜいたく感をかみしめた。
ここに注目!
鱧御膳は1週間前までに予約が必要。ハモの骨切り体験は鱧御膳付きで2000円。「下灘ぴちぴち鱧まつり」は7月の海の日または9月の第1土曜日に(1年ごと入れ替わり)開催。
商品データ ハモ、たまねぎ、にんじん、ブロッコリー他
店舗名 夕焼けぴちぴち市
住所 伊予市双海町串甲3670-8
営業時間 10:00~17:00
定休日 月~金曜日
TEL 089-987-0050
FAX 089-987-0050
URL
その他 JR予讃線下灘駅から徒歩約10分。しもなだ運動公園の海側、青い屋根が目印。鱧御膳の他、ハモカツバーガー、ハモじゃこ天、鯛めし、うどんなどもある。『ぬくいコーヒー』というメニューも。

関連リンク
関連ファイル