里海隊
郷土料理

ハモじゃこ天 (伊予市)

地元産のハモを使ったじゃこ天
ハモじゃこ天
地元産の魚のみ使用この店のじゃこ天は厚みも特徴だ下灘漁協婦人部部長も務めた豊川さんしもなだ運動公園敷地内、青い屋根が目印
ハモじゃこ天

地元で水揚げされた魚だけ、添加物無し

国道378号、双海町と大洲市長浜を結ぶ『夕やけこやけライン』。伊予灘を眺めながら走っていると、小さな赤い燈台のある漁港が見える。愛媛県下有数のハモの水揚げ量を誇る豊田漁港だ。港を擁する双海町下灘では、毎年ハモのシーズンに「下灘ぴちぴち鱧(ハモ)まつり」が開催され、多くの人でにぎわう。

豊田漁港の隣には「しもなだ運動公園」があり、その敷地内の海側に『夕焼けぴちぴち市』がある。地元の海産物を使ったメニューが並ぶが、中でも人気の高い逸品が、名物の『ハモじゃこ天』だ。スタッフの豊川さんは、下灘漁協婦人部の部長を務めたこともあるベテランのお母さん。夕焼けぴちぴち市には設立時から携わってきた。「じゃこ天も場所によっていろいろ違うじゃろ。作り方や調味料の入れ方、魚も違うしね。うちのは大きくならずにゴツくなるから」と説明してくれた。一般的にじゃこ天は薄く面積の広いものが多いけれど、夕焼けぴちぴち市の「ハモじゃこ天」はしっかりと厚みがある。

使っている魚は、ハモ、真鯛、ホタルジャコ、イボダイ、シログチ、イカ類など。地元で水揚げされた魚のみを使用しており、添加物はなし。フワフワとした食感がじゃこ天には珍しい。すり身の色がやや白めなのもハモ入りゆえか。噛むとほんのりと甘いハモの風味を感じる。味つけと食感にこだわり、「季節によって多少味付けを変える」ことも。

海を眺めながら目の前の海で獲れた魚を味わう

『夕焼けぴちぴち市』は土日のみの営業だが、両日合わせて800枚ほどのじゃこ天を売り上げるという。豊川さんは「松山の常連さんが100枚も200枚も注文してくれるんよ。ドライブがてらに買いに来てくれたりね。遠方のお客さんから“送ってくれ”って言われることも多いので、じゃこ天は地方発送します。真空パックして。冷凍でも冷凍しないでも送れます」と言う。

「しもなだ運動公園」内にある店舗のすぐ後ろは海。潮風も心地よく、天気のいい日は最高のロケーションだ。

「土日はお子さん連れで来てほしいね。ここは危なくないんよ。道路からちょっと離れとるし、そこに公園もあるし。向うには誰でも入れる児童館があるしね」

ファミリー、カップルはもちろん、旅の途中にフラリと立ち寄るのも風情があっていい。潮風が旅情をかき立て、揚げ物の匂いが食欲をそそる。海を眺めながら、この海で獲れた魚を味わうぜいたく。足を伸ばすだけの価値はある。
ここに注目!
営業は土日のみ。じゃこ天関連では、じゃこ天うどん、コロッケ風の衣をつけたじゃこコロなどのメニューも揃う。「下灘ぴちぴち鱧まつり」は7月の海の日または9月の第1土曜日に(1年ごと入れ替わり)開催される。
商品データ ハモ、真鯛、ホタルジャコ、イボダイ、シログチ、イカ類他
店舗名 夕焼けぴちぴち市
住所 伊予市双海町串甲3670-8
営業時間 10:00~17:00
定休日 月~金曜日
TEL 089-987-0050
FAX 089-987-0050
URL
その他 JR予讃線下灘駅から徒歩約10分。しもなだ運動公園の海側、青い屋根が目印。じゃこ天の他、鱧(ハモ)カツバーガー、鱧御膳(要予約)、鯛めし、うどん等もある。「ぬくいコーヒー」というメニューも

関連リンク
関連ファイル