里海隊
ご当地グルメ

釜揚げしらす (伊方町)

水揚げされたばかりのしらすを釜ゆで
釜揚げしらす
宇和海の恵みもりだくさんセット釜ゆでする前の生しらす天日干ししてちりめんじゃこをつくる木嶋水産の木嶋社長
釜揚げしらす

食べたい分だけ自由に盛り付け

目の前に広がる宇和海で水揚げされたばかりのしらすをたくさん食べられる。佐田岬半島に位置する伊方町の『お食事処宇和海』にやってきた。漁を行い、海産物を販売する『木嶋水産』が直接経営する食堂で『釜揚げしらす』をふんだんに使った『宇和海の恵みもりだくさんセット』をいただいた。釜揚げしらすはもちろん、かき揚げやスープもついてくる。まさにしらす尽くしである。

一番の魅力は食べ放題という点だ。釜揚げされたばかりのしらすが大皿いっぱいに盛られて運ばれてきた。どんぶりごはんの上に好きなだけ入れる。青ネギをトッピングし、中央には新鮮な生卵を落とす。鮮度がいいので、しらすにはくさみがない。溶かした生卵と青ネギを絡ませ、豪快にかき込む。身は柔らかくて、うま味と風味が口全体に広がっていくことを感じることができる。

新鮮な海の幸をこんなにもぜいたくに食べられるのは漁業を本業とする強みがあるからだ。代表の木嶋さんは「自分たちで獲ったものを自分たちのところで加工しているのが他店と差別化できるところ。すぐに、お客さんに食べていただける」と胸を張る。

船上での漁師の食事をメニュー化

メニュー化のきっかけは、ある一言だった。大学時代の友人と沖に出かけ、昼食に船上でごはんを炊いて食べた。その時、友人が「船で炊くごはんはうまいんだよね」と喜んだという。獲れたてのしらすを船上で釜揚げして食べる。ふだんの仕事中の食事ではごく当たり前のことが、立場が変われば新鮮なことだと気づいた。木嶋さんは「船上での食事と似たスタイルで何かできないか」と熟考。水揚げされたばかりのしらすを店頭で提供することを決めた。

新鮮さを売りにする商品のため、冷凍ものなどは一切使わない。前日までの完全予約制を敷いているとともに、三崎漁協組合の取り決めで日曜日を禁漁日としているため、その日以外に訪れるしかない。まさに、現地でしか食べられない味だ。
ここに注目!
釜揚げしらすはちりめんじゃこと同じくカタクチイワシを原材料とするが、一般的には乾燥度の違いで区別する。釜揚げしらすは釜ゆでしたものを指し、ちりめんじゃこはじっくり干して乾燥させたものを指す。
商品データ ちりめん、生卵、青ネギ
店舗名 お食事処 宇和海
住所 愛媛県西宇和郡伊方町塩成2677-3
営業時間 11:00~14:00(完全予約制)
定休日 日曜日
TEL 0894-57-2202
FAX 0894-57-2345
URL http://www.kijima-s.jp/
その他 JR八幡浜駅から車で45分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル