里海隊
ご当地グルメ

ハモかつ丼 (八幡浜市)

八幡浜漁港で水揚げされたハモをこんがり揚げて
ハモかつ丼
衣がサクサクしていて、身もホクホク新鮮なハモあとは揚げるだけのハモかつのパックも販売アゴラマルシェ内のオーシャンドリーム
ハモかつ丼

衣サクサク身はホクホク

四国一の規模を誇る魚市場を擁する八幡浜漁港は、全国でも有数の水揚げ量でもあるハモが他の魚介類とともに並ぶことで有名だ。しかも港近くにある道の駅『八幡浜みなっと』に行けば、いつでもハモ料理が食べられる。そこで同施設の『オーシャンドリーム』に立ち寄り、さっそく『ハモかつ丼』を注文。骨切りされたハモを揚げ、特製ソースで味付けしている。

オーシャンドリームの松浦社長は「温かいうちに食べてみてください。ハモだって知らないと分からないぐらい、身がホクホクしていますから」と勧めてくれた。揚げたてのカツの下にはキャベツがごはんを覆うように敷かれており、ネギと紅ショウガ、刻みノリをトッピング。カツには秘伝のソースがたっぷりとかかっており、香ばしい匂いが漂う。かんでみると、衣がサクサクし、身もホクホク。しっかり骨切りされているので、骨を感じることもない。たれは南予地方独特の甘さがあり、ハモとよく合っていた。

秘伝のソースはレモン味とカレー味

『オーシャンドリーム』では『ハモかつ丼』を商品化するうえで、ソースづくりにも力を注いだ。「納得できるものが完成するまで、けっこう時間がかかった。家内と何度もつくり直しましたね」と、松浦社長。試行錯誤を重ねて完成。レモン味とカレー味の2種類があり、子どもにはカレー味、大人にはレモン味が人気だ。『ハモかつ丼』を食べた人からの問い合わせも多く「たれだけ売ってくれというお客様もいらっしゃいます」と、うれしい悲鳴。ハモかつ丼には欠かせないものになった。

ハモは骨が多いことで知られている。松浦社長は理想の骨切りをする機械を導入することで、等間隔で骨切りされたハモを提供できるようになった。イベントではハモかつを使ったバーガーなどを販売し、好評を得ている。テイクアウトもできるので、港から風景を眺めながら食べるのもいい。何度でも食べたくなるような一品だった。
ここに注目!
ハモ料理に不可欠な骨切りは職人の技。機械では1センチで30枚の等間隔、職人では1寸(3.03センチ)で25枚の刃が入る。機械と違って切り幅に差があるため「湯引き」にすると、きれいな花が咲く。
商品データ ハモ、青ネギ、紅ショウガ、青のり
店舗名 オーシャンドリーム
住所 愛媛県八幡浜市保内町宮内1-87-1
営業時間 8:00~18:00(アゴラマルシェ)
定休日 無休(アゴラマルシェ)
TEL 0894-27-0023
FAX 0894-37-2229
URL http://ocean-d.co.jp/
その他 「オーシャンドリーム」の店舗が入る道の駅「八幡浜みなっと」はJR八幡浜駅から車で5分、駐車場195台

関連リンク
関連ファイル