里海隊
ご当地グルメ

港弁(蛸稲荷御膳) (八幡浜市)

八幡浜港で水揚げされたタコをいなりにした弁当
港弁(蛸稲荷御膳)
八幡浜名物の削りかまぼこがまぶしてあるかわいいタコの絵が入った包装紙ハーバープラザホテルの谷本社長ハーバープラザホテル
港弁(蛸稲荷御膳)

削りかまぼこがまぶしてあり、ボリューム感たっぷり

四国最大規模の魚市場を擁する八幡浜漁港において、数多く水揚げされている海の幸のひとつがタコだ。地元の人々が日常から好んで食べる食材としても知られている。八幡浜では名産がたくさん入った地元限定の弁当『港弁』を売り出し中で、『蛸稲荷御膳(たこいなりごぜん)』は地もののタコを使うことにこだわり、考案されたものだ。大分・臼杵へと向かうフェリー乗り場がある八幡浜港近くの道の駅『八幡浜みなっと』に立ち寄り、昼ごはんとして購入した。

盛りつけは豪華で彩りもいい。しょうゆベースで味付けされたタコめしを油揚げのなかに詰め、八幡浜ならではのピンク色の削りかまぼこをまぶしてある。4つ入っているので、ボリューム感はたっぷり。タコにはしょうゆがしっかりと染みていて、ほどよいかみごたえがある。他にも、じゃこカツやかまぼこなど、八幡浜の名物が盛りだくさん。一度でたくさんの八幡浜の幸を楽しむことができる。

地域活性化を目的に港弁の製造を開始

「八幡浜でよく獲れるタコなど、中身は地元産にこだわった。でも、タコだけじゃ面白くないなと思って、油揚げで包んでみました。いなりは食べやすいし、外国の方にも人気ですからね」と、『蛸稲荷御膳』を製造している『ハーバープラザホテル』の谷本社長は胸を張った。地域活性化などを目的に結成された『八幡浜港みなとまちづくり協議会』が、2010年に『港弁全国化プロジェクト』を開始。具材として何を使うか案を出し合い「八幡浜では、みかんと同じくらい買ったことがない」という、地域に根差した食材のタコを使うことを決めた。

谷本社長は「冷めたままでも食べられるようにしている。蛸稲荷はお年寄りの方々がよく購入してくれる。食べやすいのではないでしょうか」という。休日は観光客にも大人気で、ハーバープラザホテルでも購入可能だ。

「八幡浜から全国に向けて発信できるものが何かということ」と谷本社長。そのひとつが市民に親しまれているタコを使った港弁だった。「みなとの元気を高めた港湾」を顕彰する、2013年『ポート・オブ・ザ・イヤー』。港町を代表するグルメのひとつになりそうだ。
ここに注目!
2011年統計によるとタコ漁獲高は北海道が全国総漁獲量の過半数を占め、愛媛県は10位、消費量では4位。消費量の1位はタコ縄漁で有名な香川県、2位が兵庫県、3位は大阪府とタコ焼きが有名な土地の消費が多い
商品データ タコ、油揚げ、じゃこカツ他
店舗名 ハーバープラザホテル
住所 愛媛県八幡浜市仲之町
営業時間 24時間営業
定休日 なし
TEL 0894-22-0022
FAX 0894-22-5861
URL http://www.harbor.co.jp/
その他 JR八幡浜駅から車で約5分、徒歩20分

関連リンク
関連ファイル