ご当地グルメ一覧

魚貝旨み醤油(左は宇和海の雫)
かまぼこだけでなく、卵かけご飯にも最適原料となるエソのアラ
里海隊
加工食品

魚貝旨み醤油 (宇和島市)

“滋味豊かな宇和海”を表現した出汁醤油
宇和島市にある『中村かまぼこ店』。多くのかまぼこ店がしのぎを削る南予地方でも人気の店だ。昔ながらの石臼製法で作られるじゃこ天、かまぼこが有名な老舗だが、構想から約2年の時間をかけ商品化に成功した『魚貝旨み醤油』が大きな話題を呼んでいる。 「郷土色を出したいという思いがあって、商品のコンセプトが先に決まったんです。“滋味豊かな宇和海”っていう、宇和海の良さをもっとお伝えしたいというところから始...

釜揚げしらす
宇和海の恵みもりだくさんセット釜ゆでする前の生しらす
里海隊
ご当地グルメ

釜揚げしらす (伊方町)

水揚げされたばかりのしらすを釜ゆで
目の前に広がる宇和海で水揚げされたばかりのしらすをたくさん食べられる。佐田岬半島に位置する伊方町の『お食事処宇和海』にやってきた。漁を行い、海産物を販売する『木嶋水産』が直接経営する食堂で『釜揚げしらす』をふんだんに使った『宇和海の恵みもりだくさんセット』をいただいた。釜揚げしらすはもちろん、かき揚げやスープもついてくる。まさにしらす尽くしである。 一番の魅力は食べ放題という点だ。釜揚げされ...

もち麦とろろご飯
東温産もち麦ほっちょ鶏丼
里山隊
郷土料理

もち麦とろろご飯 (東温市)

体の内側から健康になる東温の名物
松山市近郊のベットタウンとして発展した東温市は、2004年に重信町と川内町が合併して誕生した新しい町。旧重信町にある見奈良天然温泉・利楽と旧川内町の『ふるさと交流館・さくらの湯』と、温泉施設が2カ所もあり、温泉好きには垂涎の町だ。 「当館は6割の方が東温市内の方。後は松山からのお客様が多いです」と教えてくれたのは、ふるさと交流館・さくらの湯の総支配人、近藤照雄さん。同施設内のレストランで...

皮ざく
真鯛やマゴチなど瀬戸内海の魚の皮(下から)真鯛、スズキ、ホウボウ
里海隊
ご当地グルメ

皮ざく (伊予市)

「もったいない」という思いが生んだエコ料理
食べられるものは全部食べる。そんな思いからつくられたエコ料理がある。野菜や惣菜など、伊予市の特産物を販売するまちづくり交流市場「町家」に立ち寄り、同施設内にある『岡﨑鮮魚』を訪れた。ちりめんなど地元・伊予灘や瀬戸内海で獲れた魚介類が多く並ぶなかで目を引いたのが『皮ざく』だ。真鯛やスズキなどの皮を細切りにしたもので、同店の人気商品のひとつでもある。 開発した店主の岡﨑さんは「季節によって、皮の...

西条いもたき
西条いもたき西条いもたきセット
里山隊
郷土料理

西条いもたき (西条市)

西条の初秋を彩る風物詩
他府県にもその名のとどろく勇壮果敢な『西条祭り』。この祭りが行われる加茂川の河川敷では、毎年8月下旬から10月上旬まで、『西条いもたき』が開催されている。 『いもたき』は愛媛県人にはポピュラーな催し。秋の夜長に月見を兼ねて、屋外で里芋や他の食材を煮込み、それを肴(さかな)に宴会をする。 西条いもたきが始まってから、40年近くになる。いつの間にか、規模は県下でも一番大きいものとなり、20...

鯛めし定食
おひつでたっぷりと供される鯛めし窓からの風景
里海隊
郷土料理

鯛めし (松山市)

鯛のうま味たっぷりの愛媛を代表する郷土料理
松山市高浜町、かつてTVドラマのロケにも使われた伊予鉄梅津寺駅を通り過ぎ、ちょっとした坂道を登り切った小高い場所に『松風亭(しょうふうてい)』がある。おだやかな瀬戸内海を望む老舗の旅館で、かつて海岸沿いに松林があったことからそう名づけられた。 松風亭は戦後一時廃業していたが、45年前に当代店主の祖父が屋号を譲り受け、この場所で開業した。現在の店主を務める中嶋さんは3代目で、ランチの『鯛めし定...

タチウオの骨せんべい
浜のかあちゃん たちせんべい原材料のタチウオ
里海隊
ご当地グルメ

タチウオの骨せんべい (伊方町)

豊予海峡で獲れたタチウオがスナックに
海の恵みをムダなく利用したせんべいだ。四国最西端の佐田岬半島に位置する伊方町。漁場は瀬戸内海と関門海峡からの潮流が交じり合う豊予海峡で『三崎漁業協同組合』では『岬(はな)あじ』『岬さば』をブランド魚として全国の市場に出荷している。同時に、多くの水揚げを誇るのがタチウオで、同漁協では『タチウオの骨せんべい』を『浜のかあちゃん たちせんべい』として製造・販売している。 加工主任の梶原さんは「お父...

白いもプレーンワッフル
白いもプレーンワッフルアンティークカフェ
「幻のいも」を混ぜ込んだぜいたくワッフル
愛媛県で第3位の人口の新居浜市。その沖1.5キロに浮かぶ周囲約8キロの新居大島では『白いも』というめっぽううまいいもが採れる。この地で育まれた白いもは『七福芋(しちふくいも)』の名を持ち、収穫量が少ないことから「幻のいも」とも呼ばれる。ほかの土地で同じ種いもを使って栽培しても、新居大島産と同じ味にはならないそうだ。 このいもを使って新居浜の新しい特産品を作ろうと『にいはま大島七福芋ブランド推...

ハモカツバーガー
ボリューム満点のハモカツ生きたハモをさばいて作る
里海隊
ご当地グルメ

ハモカツバーガー (伊予市)

特産のハモを活かした地産地消バーガー
愛媛県下有数のハモの水揚げ量を誇る、双海町の豊田漁港。毎年夏には『下灘ぴちぴち鱧(ハモ)まつり』が開催され、多くの人でにぎわう。 「しもなだ運動公園」敷地内の海側にあり、下灘漁協婦人部が運営する『夕焼けぴちぴち市』。じゃこ天や鯛めしなど、地元で水揚げされた海産物を使ったメニューが並ぶなか、ひときわ異彩を放つ名物人気メニューがある。新鮮なハモをカツにした『鱧カツバーガー』がそれだ。ガッツリとボ...

大和屋ベジスイーツスティックフィナンシェ
大和屋ベジスイーツスティックフィナンシェ大和屋本店内のラウンジ
老舗旅館がプロデュースした菓子
明治の昔から、庶民や文豪に愛された名湯・道後温泉。道後温泉本館にほど近い老舗旅館『大和屋本店』が愛媛県産の野菜を使った新しいスイーツをプロデュースした。『大和屋ベジスイーツ』は、『洋風焼菓子Oyaki(おやき)』『ベジコンフィチュール』『スティックフィナンシェ』の3種類からなるブランドだ。 「明治元年の創業以来140年にわたって、この地で旅館を続けてこられたのは、お客様と地元の方々の支えがあ...