ご当地グルメ一覧

石花汁
豆腐や山芋など10種類以上の具材が入る豆腐を入れると泡がブクブクと浮き出す
里海隊
郷土料理

石花汁 (今治市)

採石場で働く男たちの胃袋を満たす料理
しまなみ海道に浮かぶ今治市・大島の石文化を伝える郷土料理がある。同島の北部に位置する宮窪地区で採れる『大島石』は建築材や墓石に使われており、日本でも指折りの高級石材として知られている。採石場で働く人々がまかない食として食べていたのが『石花汁(せっかじる)』で、10種類以上の食材が入った郷土料理でもある。『宮窪・石文化体験ツアー』が開催されているカレイ山展望公園を訪れ、石花汁をつくっていただいた。 ...

麦みそ飴
麦みそ飴あめの球断機
里山隊
スイーツ

麦みそ飴 (宇和島市)

ほのかに香る味噌が郷愁を誘う
宇和島の閑静な住宅街に、昔ながらのあめ屋さんがある。植村製菓は創業1937年で『有平糖(ありへいとう)』の専門店だ。現店主は3代目の植村仁(ひとし)さん、42歳。昔ながらの製法を踏襲しながら「植村」のあめの味を次世代に伝えている。 有平糖は金平糖(こんぺいとう)と同じ時期にポルトガルより伝来したあめの一種だが、市販のキャンディとは違い、口どけがやわらかく、やさしい味がする。あめと砂糖の中間を...

むうすあいすもなか(志ぐれ味)
志ぐれ、イチゴ、バニラの3種類の味ムースアイスにも入る志ぐれ
老舗和菓子店が開発した和洋折衷のアイス
これぞ、和菓子店ならではの発想から生まれたアイスだ。大洲市の国道56号線、通称・大洲街道を内子町方面へと走ると、おしゃれな洋風の建物が見えてくる。フランス語で菓子店を意味する『パティスリー』は、創業1875年の老舗『冨永松栄堂』が経営する洋菓子専門店。大洲銘菓で、看板商品でもある『志ぐれ』を入れた『むうすあいすもなか』を2013年から販売。和の要素を存分に取り入れた人気商品のひとつである。 ...

パールコロッケ
目の前で揚げている1個ずつていねいにつくっている
里海隊
ご当地グルメ

パールコロッケ (宇和島市)

アコヤ貝の貝柱を使った、ちょっぴりぜいたくなお母ちゃんの味
きつね色にこんがり揚がった衣を見ているだけで、よだれが出てきてしまう。宇和島市の道の駅『きさいや広場』で実演販売されている『パールコロッケ』は、真珠貝でもあるアコヤ貝の貝柱を使ったぜいたくな商品だ。出店している『あこやひめ』では目の前で揚げている風景を見ることができる。そして、揚げたてアツアツを食べることができるというのもうれしい。 あこやひめの代表を務める武部さんは「お肉の代わりに貝柱を使...

焼き豚ちまきバーガー
焼き豚ちまきバーガーきなはい屋
里山隊
ご当地グルメ

焼き豚ちまきバーガー (西予市)

特製焼き豚をたっぷり挟んだライスバーガー
「城川には魅力的な食材がたくさんあります。どこにでもあるっていうものではなくて、ここに来ないと食べられないものをメニューに取り入れるようにしています」そう話すのは、西予市城川町にある道の駅『きなはい屋』の店長の戸田さんだ。 きなはい屋は地元・城川町の農産物・特産物を加工して、オリジナル商品を開発することに長けている。どれもこれも、食べてみたい、試してみたいと思わせる、そんな魅力のある商品が次...

午後のチーズ
他にもかわいらしい焼き菓子がいっぱいゴトウ洋菓子店
里山隊
スイーツ

午後のチーズ (四国中央市)

ベイクでもないスフレでもない新感覚のチーズケーキ
四国中央市の閑静な住宅街をゆくと、左手に白いタイルの外観の瀟洒(しょうしゃ)な建物がある。ここが創業42年の『ゴトウ菓子店』だ。明るく広々とした店内には、おしゃれなカフェも併設されている。 『愛媛スイーツコンテスト』でグランプリ受賞の『オレンジとはだか麦のケーキ』、同じく準優勝の『モンブラン』、季節のフルーツをふんだんに飾ったタルト、色とりどりのケーキなど、ショーウインドウには華やかでかわい...

ほわいとロール
米っ娘卵ほわいとロール
里山隊
スイーツ

ほわいとロール (西予市)

スポンジもクリームも雪のように白いケーキ
西予市野村町はシルクとミルクの町として知られる。『ほわいとファーム』は野村ダムのすぐそばにある広大な敷地を持つ農業公園。乳製品加工場の『のむらミルク工房』、ヤギやウサギなどかわいい動物たちとふれあえる芝生広場、遊具の貸出もある遊び場やレストランなど盛りだくさんの施設があり、野村の観光スポットになっている。また、搾りたての牛乳で作る「バター手づくり教室」(要予約)など体験型レジャーもあり、休日ともな...

亀の手の味噌汁
塩茹で沖合の岩礁で生育
里海隊
ご当地グルメ

亀の手の味噌汁 (宇和島市)

見た目はグロテスクでも味は絶品
そのメニューを見た時「何だ、これ?」と目を疑った。亀の手? まさか、本当にアオウミガメなどの手をさばいたものなのか? 本当に食べられるのか? そんな数々の疑問を解決するべく『うわじまの料理や有明』を訪れた。興味津々で、裏メニューの『亀の手の味噌汁』をリクエストした。 見た目は怪獣ガメラの手のようで、ちょっぴりグロテスク。料理をつくってもらった有請さんに食べ方を教えてもらいながら、恐る恐る口に...

ひうち焼き
ひうち焼き丸亀屋
里山隊
スイーツ

ひうち焼き (四国中央市)

小林一茶の詠んだ景色をお菓子で再現
昔、四国中央市の海岸は松並木に縁どられた砂浜だった。旧川之江市まで続く海岸線にはにぎわう海水浴場もあった。俳人・小林一茶が地元の名所、八綱浦(やつなうら)の松並木から燧灘(ひうちなだ)を見渡して静けしや春の三島の帆掛け船」と一句詠む、そんな白砂の浜だった。 いま、その後には製紙会社の大工場が立ち並び、その風情は記憶に頼るしかない。昔を忍ぶよすがとなるのが、三島名物『ひうち焼き』ではないだろう...

桃ジャム
虹の森公園まつの物産品販売所虹の森公園まつの物産品販売所
里山隊
スイーツ

桃ジャム (松野町)

桃そのままの味と香りをスイーツ感覚で楽しむ
森の国・松野町にある『虹の森公園まつの』は1997年に誕生した道の駅だ。開館直後から併設された淡水魚専門の水族館『おさかな館』や体験型施設『ガラス館』が大人気を博し、“通りすがりに立ち寄る”タイプの道の駅ではなく、“旅の目的地としての道の駅”という新しいスタンスを確立した。休日は中予や高知からも行楽客が押し寄せる、南予地方有数の滞在型観光スポットとなっている。 おさかな館では、幻の魚と言われ...