里海隊
ご当地グルメ

港弁(ちゃんぽん弁当) (八幡浜市)

八幡浜ちゃんぽんの人気店が手がけたスープのない焼きちゃんぽん
港弁(ちゃんぽん弁当)
じゃこ天やイカなど海の幸がいっぱいフジ観光の梅林社長フジ観光の店内フジ観光
港弁(ちゃんぽん弁当)

じゃこ天やかまぼこなど海の幸が盛りだくさん

愛媛県有数の港町として有名な八幡浜市が売り出し中の『港弁』は、地元の名産がたくさん入った同市限定の弁当。そのひとつに、ソウルフード『八幡浜ちゃんぽん』が中心の『ちゃんぽん弁当』があり、港の真ん前にある『フジ観光』で販売している。通常のちゃんぽんとはひと味違った食感と味を楽しめると聞いたので、同店を訪れた。

「港弁にも、ちゃんぽんがあったらいいなと思って、スープのないちゃんぽんを考えたんです」と、フジ観光の梅林社長が経緯を説明してくれた。焼きちゃんぽんで、イカやエビの魚介類、じゃこ天やかまぼこなど、海の幸が盛りだくさん。できたてなので温かい。さっそく、いただいた。麺はスープとからめてあるので、ジワーッと口のなかにちゃんぽんの味が広がる。麺そのものもツルツルと食べることができ、満腹になった。

おいしさの秘密はオリーブオイル

おいしさの秘密はオリーブオイルにある。梅林社長いわく「ちゃんぽんではラードを使うけど、冷えると浮き上がってきて脂っこくなるし、麺どうしがくっついてしまう。だから、オリーブオイルで和えてから炒めるようにした」というもの。また、魚介類を煮込んだスープとともに炒めることで「麺がパラパラしてくっつかないし、体にもいい」という『港弁』が完成した。

「注文を受けてから、つくり始める。つくり置きはしない。できたてがおいしいし、レンジでチンするなら、弁当にしないほうがいい」
できたてを食べなければ、意味がないとの考えから、大量生産はしない。
フジ観光の港弁は焼きちゃんぽん以外にも、じゃこカツやホウタレ、ちりめん、削りかまぼこをまぶしたおにぎりなど、八幡浜の味がたくさん詰まっている。子どもにも食べやすいと好評。店それぞれに個性がある八幡浜ちゃんぽんを食べ比べするのもいいが、一度に八幡浜を楽しめるちゃんぽん弁当もオススメだ。
ここに注目!
2010年、八幡浜市で「港弁全国化プロジェクト」が発足したのが港弁の始まり。気運は徐々に盛り上がり、2011年に神戸港、2年後に大分・別府港で誕生した。現在は3カ所のみで、8品目が販売されている。
商品データ 八幡浜ちゃんぽん、かまぼこ、じゃこ天、イカ、エビ他
店舗名 株式会社 フジ観光
住所 愛媛県八幡浜市沖新田1583-15
営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休
TEL 0894-23-2161
FAX 0894-24-5520
URL http://www.459-24.co.jp/
その他 JR八幡浜駅から車で5分、八幡浜港フェリーターミナルからすぐ、駐車場なし

関連リンク
関連ファイル